ライセンス

ソフトウェア使用許諾書

第1条 契約の開始時期

本ソフトウェアをインストール、複製、または使用することによって、お客様は本契約は開始されます。本契約書の条項に同意されない場合、インストール、複製、または使用することはできません。

第2条 著作権の帰属

本ソフトウェアに係る著作権及びその他一切の知的財産権は、Ziraffe Projectに帰属します。

第3条 禁止事項

1. 本ソフトウェアに含まれるプログラムに対して修正を加えること、 修正されたものを公開すること、 修正されたものを使用すること、 修正されたものを利用させることはできません。

2. 本使用許諾およびZiraffe ProjectのURLを提示しないで、本ソフトウェアを再配布することはできません。

第4条 免責事項

1. Ziraffe Projectは、利用者、その他の第三者が本ソフトウェアに関連して直接又は間接に被ったいかなる損害に対しても、賠償等の一切の責任を負わず、かつ、利用者はこれに対してZiraffe Projectを免責するものとします。

2. Ziraffe Projectは、本ソフトウェアにエラー、バグ等の不具合がないことを保証しません。またその修正義務も負いません。

3. Ziraffe Projectは本製品の提供およびサービスを中止することがあります。中止したことにより発生した損害に対しても、一切の責任を負いません。

第5条 一般条項

1. 本契約は、日本国の法律に準拠し、日本国の法律に基づいて解釈されます。

2. 本契約は、予告なく内容が変更される場合があります。

3. 利用者が本契約書に違反した場合、Ziraffe Projectは、ライセンスを終了することができます。そのような場合、利用者は本ソフトウェアおよび複製をすべて破棄しなければなりません。

補足説明

1. 本使用許諾の提示は、このページのURLを、使用許諾のURLと分かるように 表記してください。文章のコピーは必要ありません。

2. プログラムの改変が必要な場合は、ソースコード使用許諾書に同意いただければ、ソースコードをダウンロードして、改変することが可能です。

設定パッケージファイル使用許諾書

ソフトウェア使用許諾書に以下の条項を追加します。

第1条 改変物配布の許可

Ziraffe Projectで配布されている設定パッケージファイルを改変し、 利用すること及び配布することができます。

第2条 改変物の配布条件

改変された設定パッケージファイルを配布する場合は、 改変前の設定パッケージファイルの入手方法、 本使用許諾およびZiraffe ProjectのURL、 修正者への連絡先を明記をしなければなりません。

第3条 修正された設定パッケージファイルの使用許諾

1. 修正された設定パッケージファイルにも、本使用許諾が設定されるものとします。

2. ただし、Ziraffe Projectの権利を侵害しない範囲において、条項を追加することができます。

補足説明

修正された設定パッケージファイルにも本使用許諾が設定されますが、 Ziraffe Projectの配布物ではないので、 修正者はその再配布を禁止することができます。

ソースコード使用許諾書

第1条 ソースコードの改変、再配布の許可

本システムのソースコードを、この使用許諾が認める範囲において、商用・非商用問わず、運用・改変・配布することができます。 以下、単にソースコードと書かれている場合は、本システムのソースコードを指すものとします。 ソースコードに改変をくわえたもの、およびその実行可能なモジュールを改変物と呼びます。

第2条 禁止事項

システムの拡張・修正ではない改変および、その運用・配布を禁止します。 たとえば、ソースコードの一部を部品として再利用する場合や、他のシステムの部品として組み込む場合は、拡張とはみなされません。 また、利用方法が本システムと大きく異なり、本システムの拡張とした場合にユーザの混乱が予想される場合も、拡張とはみなされないものとします。

第3条 改変の条件

1. 利用者(エンドユーザ)に対して、どのバージョンをベースにして、誰が、どの様な改変を行ったかを明示しなければなりません。 改変物を配布・運用する場合は、画面下部に表示されているバージョン番号に続けて、改変物だとわかるように、改変のバージョンを表示するか、同等な方法で明示しなければなりません。

2. 改変内容はマニュアルに明記するか、説明ページを作成し改変のバージョン表示を説明ページへのリンクにするか、同等な方法で利用者が確認できるようにしなければなりません。

3. 本システムの画面下部に表示されているに当サイト(ziraffe.net)へのリンクは、同じレベルの視認性を持って表示されていなければなりません。 たとえば、当サイトへのリンクは別のページやシステムとの関連が分かりにくい場所での表示、視認性が悪いカラーリング・フォントサイズでの表示は、多数のリンクの中に紛れこんでいるような表示は同じレベルの視認性を有していないものとします。 ただし、画面左上のロゴおよびそのリンクは、この制限に含まれないものとし、変更することができるものとします。

第4条 免責事項

Ziraffe Projectはソースコードの改変者、改変物の利用者・関係者に対してあらゆる責任を負わないものとします。

第5条 改変物の配布条件

1.改変されたソースコードまたはその派生物を配布する場合は、 本使用許諾およびZiraffe ProjectのURL、 改変者への連絡先を明記をしなければなりません。

2.改変物として提案する場合は、提案時に本使用許諾およびZiraffe ProjectのURLを伝えなければなりません。

第6条 改変物の使用許諾

1. 改変物に対しても、この使用許諾が適用されるものとします

2. ZiraffeProjectの権利を侵害しない範囲において、条項を追加することができます。

第7条 一般条項

1. 本契約は、日本国の法律に準拠し、日本国の法律に基づいて解釈されます。

2. 本契約は、予告なく内容が変更される場合があります。

3. 利用者が本契約書に違反した場合、Ziraffe Projectは、ライセンスを終了することができます。そのような場合、利用者は本ソースコードおよび複製をすべて破棄しなければなりません。

補足説明

1. 基本的に当サイトに適切にリンクされている限り、商用・非商用問わず、カスタマイズを制約しません。 適切にリンクされているというのは、ユーザが特に調べなくともZiraffeのカスタマイズ版だと自然に認識できるということであり、リンクが容易に探せないのは当然として、リンクされていてもZiraffeのカスタマイズ版として妥当ではない場合も、適切にリンクされているとは見なさないということです。

2.GPLとは異なり、配布する場合でも、改変したソースコードを公開する義務はありません。スクランブラーなどを使用して、難読化したものだけを公開しても構わないということです。

3. GPLではないので、GPLのコードを組み込んで配布することはできません。ご注意ください。

4.受託開発などの、特定少数向けであっても「配布」に含まれるものとし、本ソースコードを使用することができます。